carboline
ジャパンカーボライン株式会社
    お問い合わせサイトマップ
製品情報
  • 製品情報
  • 透明くん
  • 無機くん
  • ふっ素くん
  • ウレタンくん

    新築時の外観を蘇らせ耐久性を向上させる塗料、それが透明くん(水性無機透明塗料)です。

    タイル調・石目調・多彩模様などのサイディングはどんな塗替えをすべきか?
    • ベストはクリヤー(透明)塗装です...。

      新築時、オーナー様はこだわりを持って意匠を選択されています。この意匠をそのまま活かして蘇らせることが最良の方法といえます。

    ページの先頭へ
    窯業系サイディングは経年により劣化します。
    • 肉眼では全く問題が認められないサイディングも、左の写真のように30倍の拡大鏡で観ると、肉眼では判らないクラックが認められます。このクラックが劣化の始まりです。

    • 日本窯業外装協会は、窯業系サイディング(外壁材)“維持管理のしおり”の中で、「塗替えは5年以上経過したら実施してください」と明示しています。

    ページの先頭へ
    透明くんとは

    透明くんは、ポリシロキサン系エマルジョンをベースとした2液型の無機-有機ハイブリッドクリヤー塗料です。無機の特長である優れた耐候性と、有機の特長である耐クラック性・耐屈曲性の双方を兼ね備えた、次世代の水性クリヤー塗料です。

    新築時の外観を蘇らせ長時間にわたってボード材を保護します。
    テストデータ1 最高の耐候性を有します。

    ふっ素樹脂塗料をしのぐ耐候性を有します。

    促進耐候性試験(スーパーUV)
    テストデータ2 寒冷地バクロ5年後の結果

    透明くんを塗装した場合としなかった場合とでは、大差が生じています。

    テストデータ3 ウレタンクリヤーと透明くんとの比較

    他社のウレタンクリヤーと比較した場合、色差・外観ともに、透明くんは格段に優れています。

    スーパーUV600時間後(約15年曝露相当)の結果
    テストデータ4 最適塗料と塗り頃の比較
    • 新品のサイディング板に対して促進試験を行い10年・15年後の劣化状況を作り出します。10年後に相当する曝露時間ではまだ劣化は少ないですが、15年後に相当する曝露時間の場合、著しい劣化が見られます。

    • 10年経過相当のサイディング板に、透明くんと他社ウレタンクリヤー塗料を塗装します。透明くんは問題ありませんが、他社ウレタンクリヤーでは、ひび割れ・剥がれが起きています。

    • 15年経過相当のサイディング板に、透明くんと他社ウレタンクリヤー塗料を塗装します。透明くんでも劣化が認められます。他社ウレタンクリヤーでは、塗膜さえ残っていない状況です。

    まとめ

    他社ウレタンクリヤーの場合、塗膜は10年ももちません。15年経過相当の劣化したサイディング板に塗装した場合、透明くんでも他社ウレタンクリヤー塗料でも、もとの意匠を蘇らせることはできません。10年以内に、透明くんで塗装することをお奨めします。

    テストデータ5 同等製品との比較

    透明くんと他社品ウレタンクリヤーとの促進耐候性比較試験

    他社品と比べて、時間が経過しても劣化が少ないことが、透明くんの大きな特徴です。安心してお選びください。

    テストデータ6 ビフォーアフター

    透明くんで塗装をすると、施工前と比べて色濃く(濡れ色)、ツヤのある仕上がりになります。

    大切な建物を汚れから守ります。

    特殊セラミック成分が建物に付着した汚れを除去します。他社類似品より優れた耐汚染性を示します。

    環境にやさしい塗料です。

    プライマーは弱溶剤である塗料用シンナーで希釈します。また、透明くんは水性かつ非トルエン・キシレン系であるため、他の強溶剤型の塗料より臭気がやわらかく、居住者の方に配慮した塗料です。

    クラックへの追随性が向上します。

    ふっ素樹脂塗料に比べて、クラック追随性が3倍となります。(弊社対比)

    無機成分が多いため、通常の有機塗料に比べて非常に燃えにくい塗膜を形成します。
    ページの先頭へ
    事前審査が必要です。
    チョーキング(白亜化)や汚れが目立つ前に塗り替えることが最適です。
    チョーキングの評価
    • 方 法
      • ①透明テープを用いる
      • ②テープを塗膜に強く押しつけて、指でこする
      • ③テープを剥がして黒紙の上に乗せ、右図と対比する
    クリヤー塗装が不適なケースとは?
    • 釘頭等を異なる塗料で補修したために、補修部分が目立ってしまった例。(現場で調色しても、全く同じ色を出すことは不可能です)

    • 汚れが著しく不均一なケース

    補修塗りが必要なケース
    • 左写真は出隅の部分の劣化です。このままクリヤー(透明)塗装をしてしまうと非常に目立ちますので、補修が必要となります。

    • 補修は、ウレタン樹脂塗料を現場で調色して行います。

    コーキングの汚れは要注意です。(シリコン汚染)
    • この汚れが残ると塗装は剥離します。

    • 写真は、シーリング材にシリコンが用いられた場合の汚れ状況ですが、この汚れが認められた場合は次の処置が必要です。

    お見積もり・事前調査に関しては、JCC-全国10年塗膜保証の会の最寄りの施工会社までお問合せ下さい。
    ページの先頭へ
    • 透明くん
    • 無機くん
    • ふっ素くん
    • ウレタンくん